夜遊び

中国での2019年最新クラブ事情を調査

更新日:

中国に旅行をお考えの皆さん。やはり男女ともに夜遊びについて気になるのではないでしょうか?


今回は夜遊びの中でもナイトクラブについてピックアップし、よそ者の日本人が初めて行っても
・損をしない
・恥をかかない
・安全に楽しくスマートに過ごす


を達成できる情報をお伝えします。

この記事の信憑性

この記事に書いてる内容は哔哩哔哩という中国版niconico動画みたいな動画サービス・中国版twitterである微博から情報収集してきたものです。


出来る限り執筆時間2019年9月に近い鮮度の高いものを提供するため、数ある動画の中から2019年8月に投稿された、中国各地のクラブ慣れした中国人の動画を参考にしました。

行く前の準備

この辺は日本のクラブでも同じだと思いますが、海外旅行ついでに初めてクラブに行ってみよう!と言う方もおられると思うので念のため。

運動靴・ヒール・白い靴を履いていかない。


運動靴を履くと少しクラブとはアンマッチした服装になります。スニーカーにしましょう。

あまりにも高いヒールを履いて行くと、身動きが取れなくなります。
大丈夫。普通のヒールでもあなたは十分素敵です。無理しないようにしましょう。

白い靴を履いて中に入ると、出て来る頃にはあれ俺の靴って黒色だっけ?と錯覚してしまいます。


はい。踏んで踏んで踏み倒されまくります。そしてあなたも踏み倒しまくります。黒いのは腹だけにしておきたい所。


新品の靴や真っ白な靴は出来るだけ履いていかないようにしてください。

盛り上がる時間

日本とほぼ同じ。


10時から開店するところが多いですが、ガラガラ。
大体12時から煮え始めます。

システム

もちろん店にもよりますが、日本と違って入場料を取られないことが多いです。


取られたとしても150元くらいです。2000円くらいですかね。


その代わり席に座ってトークするなら、座席の種類によってはお酒を最低本数頼まなければいけなかったりします。

座席は大きく3種類あります。

席の種類

散台(san tai)

日本でもよく見かける丸テーブルを高い椅子で囲んだスタイルです。


使用には最低金額があり、200元から800元かかります。
※現在のレートでは
1元15.26円なので大体3000円から12000円くらいですね。

中国のクラブの席

吧台 (ba tai)

言わずもがな。よくあるバーカウンターです。こちらは注文しなければいけない最低本数はありません。お気に入りのお酒をサクッと1本頼んでゆっくりするのにオススメです。


大人数でくる場合は中々コミュニケーションが取りずらいです。

卡座(ka zuo)

日本でいうよくVIP席になっているような一番高級なソファー席です。お値段も張ります。


安くても1000元(15,000円)、高いところだと10,000元(150,000円)ぐらいします。踊り場に近い、前よりの中央に行くほど基本は値段が高くなります。

散台(san tai) が安いのには理由があります。下の画像を見てもらえれば分かりますが、何とも落ち着けない場所にあります。


フロアの一番前にあるダンスフロアの後ろに大体は位置しているので、前から人がどんどん当たってくるし、後ろのソファーからは踊りに来る人が通るので人だらけの中座ってお酒を飲むことになります。


人の目を気にしない、人混みの中で座っても気にならない、お酒を座ってゆっくり飲んで音楽を仲間と楽しみたいという方はおすすめだと思います。

お酒の頼み方

拉格啤酒(ラガービール)がほとんどで、200元~800元くらいです。
精酿啤酒(クラフトビール)はほとんどありません。豆知識です。


洋酒を頼むときは飲み物で普通は割ります。最後にも説明してますが、悪というのは中国語で「兑 dui」と言います。兑可乐(dui kele)ならコーラ割りという意味です。


この際、洋酒を頼んで、別にソフトドリンクを単品で頼む方法と洋酒とソフトドリンクをセットで頼む方法がありますが、必ずセットで頼んでください。
金額がかなり違ってきます。


クラブ内は物価が高く、ソフトドリンクでも高ければ500円超えてきます。


紅茶だと30元
コーラ 30元
红牛(レッドブル) 50元
くらいですかね。


セットで頼めば、洋酒(ウイスキーなど)と同時にソフトドリンクが4瓶くらい付いて来ます。
普通だとウイスキー1本飲むのに6〜8本ソフトドリンクが必要なので、全部単品で頼むとそれだけで5000円ぐらい行くかもしれません。

Tips

日本では考えられないかもしれませんが、中国のクラブではスタッフとwechat(中国版LINE)を交換して、それ以後は全てデジタルで注文などのやりとりを済ますことも出来ます。


クラブに入ったらまずはスタッフに話しかけてwechatを交換してもらい、それ以後は全てwechat上で注文をすれば、彼らが人混みをかき分けてあなたの元へドリンクを運んでくれるのでかなり楽です。しかし注意点もあります。

注意点

世の中良い人もいれば悪い人もいます。上記の手段を使うことで便利にはなりますが、実際のメニューなどを見れないことを良いことに、メニューを見せてくださいなどとwechatで聞くと、高いアルコールメニューしか見してこなかったり、


卡座(VIP席)は席によって値段が違うので、空いてる席はありますかと聞くとここしか空いてないですと言って高い方を勧めて来たりします。


また中国のクラブでは知らない間に飲み物に薬を入れられたなんてことがざらにあります。


人が渡してきた酒は飲まない。
酔ってきたらシラフの友達に携帯を預ける

特に女性の皆さん、男性が勝手にお酒を渡してきたら絶対に飲まないようにしてください。自分のお酒だったとしても目を離した後にまた飲むのもやめた方が良いです。


男性が女性を酒で酔わせたり薬で虚状態にして良からぬことをするのを捡尸(jian shi)と言いますが、それ、されちゃいます。


遊び

中国のクラブでは席に座ってゲームをするのも定番です。
中でも有名なのは

吹牛

というゲーム。詳しいやり方はまた別記事で紹介します。


が、しかし、世の中にはとんでもないことに人生の労力を全力で咲いてくる連中がいます。イカサマ師は人生かけてんのかってぐらいめちゃめちゃイカサマが上手いです。気づいたらあれよあれよという間に負けていきます。


下の画像は相手の見えないところで指を使ってコントロールする様子

中国のクラブでのゲームのイカサマ

もしもずっと勝ち続けてる人がいて、怪しいと思うのなら、カップに触ってはいけない。誰が触れたら誰が飲むというルールを設ければokです。

こいつわかってんなぁ〜と思われます。多分。


筆談で覚えておくと良い中国語

先ほどwechatを交換して筆談すると書いてありましたが、中国語は打てませんよね。英語でも良いのですが、通じない可能性もあります。


そこで紙で筆談する際に丸写しで良いので控えておくべき単語を漢字で紹介します。また別記事で解説しますが、拼音という漢字の読み方を打てば中国語を簡単に表示できるで、wechat経由で筆談がしたいんだというチャレンジ精神旺盛な方のために、拼音(読み方)もつけて紹介します。

兑软饮料(ソフトドリンクで割る)

使用例: バーカウンターでウイスキーなどを注文した際、兑可乐などと書いた紙を見せればコーラ割りにしてくれます。

酒水单(アルコールメニュー)

使用例: wechatでアルコールを注文する際、我要酒水单と打つかそう書いた紙の写真を送って下さい。アルコールメニューの写真を送ってくれます。

-夜遊び

Copyright© ピロきちの中国ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.